女性による震災復興支援

2012年11月29日 (木)

「復興元年を総括する① 東北の女性はなぜ立ち上がったのか」……ジェンダーと多様性特別セミナーのご案内

「復興元年を総括する① 東北の女性はなぜ立ち上がったのか」
ジェンダーと多様性特別セミナーのご案内

『復興元年を総括する――持続可能な社会の条件』と題して、ジェンダー視点から復興を考える「特別セミナー」が12月の8、9日の両日開催されます。

特に2日目には、岩手県漁協女性部連絡協議会会長の盛合敏子さん、宮城県農業委員、みやぎアグリレディス21会長の伊藤恵子さん、「かーちゃんの力プロジェクト」代表の渡辺とみ子さんに来ていただき、お話を伺います。是非お越しください。

日時:12月8日(土)13:00~17:30、12月9日(日)13:00~17:30
場所:東京大学本郷キャンパス内 経済学研究科棟一番教室(地下) <br/> 申込先:gov@iss.u-tokyo.ac.jp まで

詳細な情報は東京大学社会学研究所ホームページをご確認ください。

東京大学社会学研究所ホームページ(外部リンク)

復興元年を総括する―持続可能な社会の条件

チラシ:特別連続セミナー 『復興元年を総括する―持続可能な社会の条件』 (PDFファイル/外部リンク)

2012年10月 4日 (木)

大津波にも負けず頑張る母ちゃん!応援ツアーⅡ 参加者募集中

震災から1年7ヶ月。

被災地は復旧から復興に向けて頑張っています。

被災地から離れれば離れるほど、記憶の風化がはじまっていると感じる昨今ではないでしょうか。

是非、岩手県の陸前高田市、大槌町を巡るバスツアーに参加し、大津波にも負けず頑張る母ちゃんに会って、話して、被災地の現状を感じてみませんか?

日時:10月17日(水)8時~19時30分
場所:JR北上駅午前8時30分集合
参加費:3000円(昼食代込み)
申込締切:10月10日(定員35名になり次第締め切り)

詳細と申し込みはコチラ→【PDF】

※女性農林漁業者の活動支援を行っている交流サポーターの藤原りつさんからのご案内です。

2012年2月10日 (金)

茨城女性農業者の取組みを語り今後について消費者と共に考えるためのセミナー開催

東日本大震災と
東京電力第1原子力発電所事故のダブル被災の下
 茨城女性農業者の取組みを語り今後について
消費者と共に考えるためのセミナー

~震災関連セミナー開催~

「茨城女性農業者の取組みを語り今後について消費者と共に考えるためのセミナー」を2012年2月27日(月)に開催します。参加者募集中!

続きを読む "茨城女性農業者の取組みを語り今後について消費者と共に考えるためのセミナー開催" »

2011年10月 4日 (火)

東北地方で次々に応援ツアーやシンポジウムが開催決定

東北地方で次々に応援ツアーやシンポジウムが開催決定

2011年3月11日の東日本大地震から半年以上が経ちました。

しかし、東北地方をはじめとした被災地では、まだまだ復興の道半ばです。

そんな中、東北地方の農山漁村女性たちによる支援活動も始まっています。

続きを読む "東北地方で次々に応援ツアーやシンポジウムが開催決定" »

2011年8月25日 (木)

復興支援の女性活動に農水省が助成

復興支援の女性活動に農水省が助成

農林水産省人材育成課では、平成23年度 経営局関係補助金等(推進事業)の公募(第3回)を行っており、その中に、女性・高齢者活動推進室関連の「女性・高齢者起業活動等活性化事業」についても募集がされています。

「女性・高齢者起業活動等活性化事業」は、女性・高齢者グループが行う起業活動等の活動費を直接支援する事業です。

今回の公募では、特に東日本大震災からの復興に向けた活動を支援しています。 (公募期間:平成23年8月22日(月)から平成23年9月12日(月)まで)

詳細については、こちらのリンクをご覧ください。

 

参考リンク:農山漁村女性による震災復興支援総合情報サイト
      平成23年度経営局関係補助金等(推進事業)の公募(第3回)について【農林水産省ホームページ】

2011年7月27日 (水)

きれいなバラをありがとうございます……バラ花束とタケノコを被災地に贈る取組

きれいなバラをありがとうございます……
バラ花束とタケノコを被災地に贈る取組/福岡県

福岡県新宮町の石川バラ園の石川可津子さんは、夫や息子達と共に避難所にバラを贈る活動を行っている

そのきっかけは、地元のお客様から福島県相馬市の小泉クリニックに花を贈る注文を受けたことだ。

続きを読む "きれいなバラをありがとうございます……バラ花束とタケノコを被災地に贈る取組" »

規格外ニンジンで被災者支援活動に取組む

規格外ニンジンで被災者支援活動に取組む/徳島県

Hap039zc

徳島県のアグリレディーズ交流会は特産の春ニンジンを被災地に届ける活動を行った。

栄養価が高く甘くておいしいニンジン。でも形が悪いだけで規格外になってしまう。これを被災地に無料で送料負担をしながら送り続けた

続きを読む "規格外ニンジンで被災者支援活動に取組む" »

温泉ペットボトルで被災者を暖めた取組み

温泉ペットボトルで被災者を暖めた取組み/福島県

福島市の果樹農家で前全国女性農業経営者会議会長の安齋さと子さんの被災者支援の取組を紹介します。

 

安齋さんは、福島市飯坂温泉でサクランボやもも、リンゴなどを家族で経営しています。

震災直後、津波と福島第1原発事故のため急遽沢山の人達が安齋さんの自宅の近くの体育館に避難してきました。畑から何も持たずに長靴のまま避難してきた人もいたそうです。

安齋さん達は寒い体育館に避難した人達が少しでも暖かく過ごせるよう飯坂温泉の地の利を活かしてペットボトルに温泉水を入れて湯たんぽを手作りして届ける取組を続けました。

続きを読む "温泉ペットボトルで被災者を暖めた取組み" »

2011年7月14日 (木)

「復興に向けて園芸福祉のできること」シンポに参加して【パート2】

「復興に向けて園芸福祉のできること」シンポに参加して

              【パート2】

  1. 【パート1】 
  2. 【パート2】  ※本記事

次に、7年前の2004年10月23日中越地震で被災した旧山古志村の職員五十嵐豊氏が自らの経験を踏まえた講演を行い、その後、パネリストとしてパネルディスカッションで話された内容から紹介したい。

五十嵐氏は次のように語った。

「避難所に花を植えることは、被災者にとって二つの意味がある。一つは、「花」で被災者が元気になる。これは、花によって癒やされたり草花の成長を楽しみにでき、被災者同士の会話のきっかけにもなることだ。403

もう一つは、「花」が元気になる。その意味は、花のために自分が手をかけることで花が元気になる、つまり、今では被災者になってしまったがそれでも自分が何かをしてあげることができる。被災者だけど花に自分が手をかけることで役に立っている。これが被災者を一歩前に元気づけることになる。言い換えれば次の循環が出来ることである。
花を避難所に植える→花を元気にさせられる→皆が喜ぶ→被災者が自発的に活動する→自立に向けて自信と勇気につながる。」

この話を聞いて、花を植えることに大きな役割があることに改めて気がつくことができたように思った。

また、五十嵐氏は、中越大地震のときは、「生き甲斐健康農園」を2カ所開設したことを紹介された。

「仮設住宅で避難生活中の山古志の村民を対象に共同で野菜の生産を行った。伝統的な野菜栽培や新品種の栽培は普及センターから技術指導を受けた。『畑の学校』と呼び40名ほどが栽培技術などを学びながら、共同作業や漬物加工、収穫物の販売などを行ったことが、避難所での生活を張り合いのあるものにしたという。三年後に仮設住宅から山古志に戻れた時、健康農園で一緒に活動したことがその後の地域のまとまりに役だった。」

被災者にとって生き甲斐健康農園はまさに字の通りの大事なものだったようだ。

(文責:齋藤京子)

参考リンク: 「第10回園芸福祉シンポジウムin名古屋」のページ

                 女性・生活協会ホームページ

2011年7月13日 (水)

「地域再生のため東日本大震災の女性起業家の役割」現地検討会開催

「地域再生のため東日本大震災の女性起業家の役割」
                     現地検討会開催

被災地の岩手県下で農村女性起業家が集まり、地域再生のための女性起業家の役割について現地検討会を開催します。

あの、3月11日から4ヶ月が経った今、何が地域に起こりどのように復興に向け動き出そうとしているのか。その中で、農産加工などの手わざを持ち、志しの通う仲間がいる女性起業家が何をしてきたのか、今後地域再生にどう向かっていくのかを語り合います。

自らも出前餅つき隊として、今回の東日本大震災で被災した避難所に、ボランティア活動でおいしいつきたてのお餅を提供している、佐々木善子(ささきやすこ)さんが代表をしている農家レストランに、被災地の農村女性起業家などが集まります。

「地域再生のため東日本大震災の女性起業家の役割」現地検討会

日時:平成23年7月15日(金)11時30分~16時
場所:農家レストラン「夢みる老止(おとめ)の館」
電話:0191-82-2722 

詳しくはチラシをご覧下さい→現地検討会チラシ

関心のある方は電話でお問い合せ下さい。
電話:03-5777-5383(女性・生活協会 担当:原山)

参考リンク:女性・生活協会ホームページ