雑談

2015年1月 1日 (木)

新年のごあいさつ

150101fujisan_2

明けましておめでとうございます。

本年も女性・生活協会は、「ひめこらぼ」を通じて農山漁村の女性はもちろん異業種、異分野の方々との情報交流を進めていきます。農山漁村女性の経営発展と社会のニーズに応えるべく活動を展開していきますので、どうぞ、よろしくお願いします。

平成27年 元旦
一般社団法人農山漁村女性・生活活動支援協会
 役職員 一同

2014年1月 1日 (水)

新春のお慶びを申しあげます

新春のお慶びを申しあげます。

本年は、女性・生活協会にとって57年目となります。
設立以来、当協会は、一貫して農山漁村の女性の支援と農山漁村の暮らしの向上に向けた取組みを行ってきました。
現在は、農山漁村男女共同参画推進協議会の構成員であり、またその事務局として、幅広い活動を展開しています。農山漁村の女性はもちろん異業種、異分野の方々との出会いを通じて、農山漁村女性の経営発展支援をおこなう「ひめこらぼ」の活動をはじめ、新たな活動も加えつつ、社会のニーズに応えるべく活動を続けて行きたいと思っています。
どうぞ、本年も引き続き当協会に対するご理解と暖かいご支援・ご協力をお願いします。

140101

平成26年 元旦
一般社団法人農山漁村女性・生活活動支援協会
 役職員 一同

2012年4月10日 (火)

春爛漫 増上寺にて法然上人八百年御忌が開催されました

女性・生活協会の周辺では、先週末から桜が見ごろです。Kimg0080_7

近所の増上寺では、4月1日(日)~4月11日(水)まで法然上人八百年御忌法要が開催されました。

続きを読む "春爛漫 増上寺にて法然上人八百年御忌が開催されました" »

2012年1月 6日 (金)

初春のお慶びを申し上げます

初春のお慶びを申し上げます。

24newyear

旧年中は農山漁村女性・生活活動支援協会の取り組みに対しましてご理解とご支援いただき深く感謝申し上げます。

当協会は、農山漁村男女共同参画推進協議会の一員であり事務局でもあります。

引き続き農山漁村の男女共同参画の推進を進めて参ります。

昨年は、3月11日の東日本大震災に伴い、大きな困難に直面しました。そしてそれは現在も続いています。

一日も早い復旧と復興に微力ながら尽力していくつもりです。

家族や地域の暮らしを大切にしていくこと、仕事にやりがいと手応えを感じることができること、人とのつながりを持ち社会に役立つ事などを大事にしたいと思っています。

本年も農山漁村女性のエンパワーメント支援や都市と農村の交流等を進めてく所存です。

引き続きよろしくお願いいたします。

2011年12月21日 (水)

坂東眞理子会長の新著『日本人の美質』が発売されました。

女性・生活協会の坂東眞理子会長が、この度『日本人の美質』を出版されました。

日本人の美質 (ベスト新書)

協会では、震災復興支援総合サイトを立ち上げて情報発信してきましたが、この度の会長の書かれた内容は、震災後の日本のこれからや生き方を考えるヒントが数多くありました

年末の本屋さんで本書が目に付き購入しました。

読後の感想は次のようなものでした。

3.11の大震災以後、今の生活は一瞬の天災で奪われることがあること、家族や友人のかけがえのなさ。つながりを感じる事がとても励ましになることなど。

まさに、人生の価値観が変わった気がして、日本人とは、絆とは、家族、生き方など考えることが多くなりました。

そんな迷いが多い今日にとって、とても参考になる言葉がこの本には数多く詰まっています

アメリカ、オーストラリアなど多くの外国の友人からのメッセージや国際的な視野の広さに裏付けられた内容は、他の本にはない新鮮な生き方論だと思いました

ヒメ、農民になる坂東眞理子会長は、当協会が昨年出版した女性のための就農ガイド『ヒメ、農民になる』を監修していますが、この本は農業を仕事に選んだ女性達のまさに「生き方」が綴られています。

震災を経て、生きていく上で必須の食料を生産している女性達の生き方にも関心を持っていただければと思っています。

 

参考リンク:『日本人の美質』インターネット書店Amazon紹介ページ
       『日本人の美質』出版元「KKベストセラーズ」内の書籍紹介ページ
       『ヒメ、農民になる』紹介ページ

2011年10月 7日 (金)

旬の花⑩「ノカンゾウ」

ノカンゾウ

 

[学名:Hemerocallis longituba]

[科属名:ユリ科]

10_yuri

こちらは、ヘメロカリスの野生種であるノカンゾウです。

7月3日奥多摩の鳩ノ巣渓谷沿いに咲いていました。

野生種とは思えないほどの目立つ花です。

ちなみにおしべが花弁化して花びらがダブルになっているのがヤブカンゾウです。

こちらは人家近くでよく見ることができます。

2011年8月 8日 (月)

旬の花⑨「ハンゲショウ」

ハンゲショウ ドクダミ科

9_hange1

2011年の7月3日に奥多摩の鳩ノ巣渓谷を歩いていたら道沿いにありました。

9_hange2ハンゲショウです

この花は、夏の半夏生のころ(7月上旬)になると茎の上の方の葉が2から3枚、白く変わって穂が出てハンゲショウの花が咲きます。

庭の草取りでやっかいもののドクダミと同じ仲間です。

体内時計でしょうか、よく半夏生の頃がわかるものです。

ちなみに半夏生とは、72候の一つで、夏至から11日目に当たる日。

太陽暦では7月1日頃、梅雨が明け田植えの終期とされるとのことです。

どことなく涼やかですね。

2011年8月 2日 (火)

旬の花⑧「キュウリ」

キュウリ

[学名:Cucumber ウリ科 原産地:インド

8_kyuuri2

今年は、少しばかり家庭菜園を楽しんでいます。

キュウリの苗を買ってきて定植しました。

本葉が3,4枚の頃はうどんこ病がついて弱々しかったのです。

ところがその時期を乗り越え今は元気に瑞々しいキュウリが穫れるようになりました。キュウリの花は本物の黄色! 雄花と雌花があります。

8_kyuuri1日曜日に収穫してから4日間、収穫していなかったらなんと30センチにもなってしまいました

でも、これこそスーパーでは売っていない家庭菜園でしか手に入らないキュウリ。
こんな大きなキュウリは、外の皮をむいて、種もスプーンで取り除き、やや厚めの輪切りにします。

それに軽く塩を振り寿司酢を入れて早めに食べきります。食べるときゴマを振るとおいしいです。さわやかな緑色が食欲をそそります。

あと、もう少し細くて短い普通の大きさのキュウリのおいしい食べ方は、

  1. キュウリをやや大きめの乱切りにし塩をややきつめに振り軽く揉みます。
  2.  

  3. ①のキュウリをビニール袋に入れます。
  4.  

  5. ②にゴマ油を数滴垂らし、シャカシャカとビニールを振ります。

 

白く濁るまで振ったら出来上がりです。お皿に移しゴマを振ります。焼き肉などに合い若い人にも人気です。

試してみませんか!

2011年7月 8日 (金)

旬の花⑦「へメロカリス」

へメロカリス[Hemmerocallis]ゆり科 多年草 東アジア原産

Hemmerocallis1_2

へメロカリスとは、ギリシャ語で「一日の美」を意味していて、朝咲いて夕方遅くに萎んでしまいます。我が国では、有名な尾瀬のニッコウキスゲ、野山に咲くノカンゾウ、ヤブカンゾウが同じヘメロカリス属です。原産国である我が国に適した大変育てやすい花です。花の丈もあるのでガーデンの中でも見栄えがします。バラが咲き終わったガーデンの次の主役として十分です。梅雨時にカラフルな花を咲かせます。

Hemmerocallis2_3

写真は埼玉県小川町のヘメロカリス育種家の岡本守夫氏から入手して庭に植えた花です。岡本氏はピンク、黄色、赤など様々な色と形のヘメロカリスを作出している我が国有数のヘメロカリス育種家です。ちょうど今頃、自宅の庭を開放していて、幻想的なヘメロカリス園がみられます。平飼いの自然卵養鶏家でもあります。

梅雨の今がヘメロカリスの見頃です。今週末出かけてみませんか。

岡本自然農園についてのブログがありましたので、ご紹介します。→http://blogs.yahoo.co.jp/motimoti74/29943220.html

2011年5月24日 (火)

幸せを運ぶ☆はっぴいウーマン石川さんのWedding bouquet(ウェディング ブーケ)

先日、ある結婚式に出席して来ました。

五月晴れのさわやかな陽気の中、ヨーロッパから移築された、重厚な教会での式と、華麗な装飾の披露宴会場。細部まで心地よく、楽しく工夫された構成で、とても素敵な式でした。

教会式の後、参列者がばらのフラワーシャワーで二人を祝福し、素敵な香りに包まれる中、いよいよ女子の一大イベント―ブーケトス―です!

キャッチした直後のブーケ
 ↑キャッチした直後のブーケ

花嫁さんが投げたブーケが、目の前の方にワンバウンドして・・・なんと私の手の中に! やった~!! 白と淡いピンクのブーケは、その日の花嫁さんのやさしい雰囲気にピッタリでした。顔を近づけると、甘い香りがふわりと漂います。まさに幸せのおすそ分け♪

このばらのブーケ、実ははっぴいウーマンネットに出展されている、石川ばら園さんのブーケだったのです。

後から聞くと、フラワーシャワーの花びらも、石川ばら園さんのばらでした。上品さと香りが印象的だったので、やはりと納得しました。

参加者全員を五感から幸せにしてくれる、そんな結婚式でした☆

花びんにうつしたところ
↑家に帰り、花びんにうつしたところをパチリ☆
幸せを呼んでくれるかな♪

 

参考リンク:はっぴいウーマンネット
      (全国で活躍する女性農林漁業者の活動と手作り品が満載!)

より以前の記事一覧